bit

色付きシャボン玉をつくる液

色付きシャボン玉をつくる液
宙を舞う青いシャボン玉。
標準カラーよりも、他のバリエーションの色を敢えてチョイスするのが私の常。ワイシャツは白よりも、水色や薄ピンクを。iPodはホワイトじゃなくて、ブルーを愛用。
理由は自分でもよくわからないが、もしかしたら“主流派に属したくない願望”があるのかもしれない。

だから、このシャボン玉は私好み。株式会社StrapyaNext(ストラップヤネクスト)から8月6日より発売されている『Zubbles(ザブルス)』は、いわゆる“色付きシャボン玉液”。吹くと、ピンクかブルーのシャボン玉が宙を舞う。

これは、アメリカにおいて2009年に発売され、今までに約100万個売り上げたヒット商品。開発期間は15年を要し、開発費用に約3億円が投入された。たかがシャボン玉、されどシャボン玉。
では、どんな点に苦労とお金がかかっているのだろうか? 同社に伺ってみた。
「シャボン玉の表面全体に色が行きわたるように苦労したみたいです。色が玉の下にたまらないようにしたんですね。あと、シャボン玉が服や壁などに接触して弾けても、後に色が残らないようにしました」

この『Zubbles』を開発したのは、アメリカミネソタ州セントポール出身のTim Kehoe(ティム・キーホー)。彼が自宅のキッチンで製造したシャボン玉液は、発売当初に大人たちから「服や靴、家の壁紙や床などに色がつくのではないか?」と、懸念された。
しかし、このシャボン玉には特別なインクが使用されている。もし液をこぼしたり、シャボン玉が人や物に接触して色がついた場合。15~20分ほど放っておくと、色は自然と消えていくという(落ちにくい場合でも、洗濯すれば消える)。

あわせて読みたい

  • 夢はカラーか白黒か?

    夢はカラーか白黒か?

  • コネタの記事をもっと見る 2010年9月5日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    おもしろの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース