bit

個性的な名前、携帯の変換はどう対応してる?

個性的な名前、携帯の変換はどう対応してる?
時代に合わせて、変換機能も変化し続けています。
“海音”と書いて「かいと」と読んだり、“心愛”と書いて「ここあ」と読んだり。
これらは、民間企業が行った2009年の名前調査で、男女別のベスト100に入った漢字。そしてこんなもんじゃない個性的な名前が、次々と誕生している。

そこで困るのが、PCや携帯電話端末での人名の漢字変換。もともと、名前は個人が考えるものだから、すべての名前は網羅できていない。特に携帯は、PCよりも変換できる人名が少ない。赤外線通信で名前を登録できるとはいえ、増え続ける個性的な名前に、何らかの対応が必要なはず。

携帯の人名変換は、どう対応してるんだろうか? 日本語入力システムのATOK(エイトック)を開発している、株式会社ジャストシステムに話を伺った。

「毎年発表される、新生児の名前の順位を参考にしたり、弊社サイトでも人名の募集をしています。それを受けて、ここ数年では“悠人(はると)”“結翔(ゆいと)”“花音(かのん)”“優奈(ゆな)”“百香(ももか)”といった人名を、変換用辞書に登録しました」

PCよりも携帯の方が、変換できる名前の数が少ないのはなぜ?
「PC向けと比べると、携帯端末等モバイル向けは、日本語入力のプログラムを使えるメモリ領域が小さいなどの制約があり、まだまだ変換用辞書自体が小さいのが現状です。また、変換するときに候補がいっぱい出てくると、選ぶのにも時間がかかるようになってしまい、それでは変換効率につながりません。登録されている候補数が増えすぎることで、ある人にとっては便利でも、別の人にとっては必要な候補を選択しにくくなってしまう可能性もあるんですね」

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る 2010年10月14日のコネタ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース