review

文房具ブームの決定版!『すごい文房具』

       
ちょっと信じられない話かもしれないが、マンガ家のなかにはいまや、鉛筆も消しゴムも使わないという人がいるらしい。

とはいっても、下描きをせずに、いきなりペンで描いてしまうというわけではない。鉛筆の代わりに下描きに使われているのは、PILOTのボールペン「フリクションボール」……と、書いただけで、ピンと来たあなたはなかなかの文具通です。

そう、フリクションボールはボールペンなのに、これで書いたものはお尻についている専用ラバーでこすって消すことができるのだ。それも消しゴムとはまったく原理が異なり、熱を加えると透明化するインクが用いられている。よって、消しカスが出ることもない。

このフリクションボールを愛用するマンガ家のひとり、篠房六郎(現在、『月刊アフタヌーン』で「百舌谷さん逆上する」を連載中)は、先月発売されたムック『すごい文房具』(「CIRCUS」11月号増刊)のなかで、次のようにその活用術を紹介している。

下描きに使うフリクションボールは黒以外のもの。これは、上からボールペンや筆ペンでなぞる(この作業を「ペン入れ」という)とき、まぎわらしくならないようにするためだろう。で、ペン入れを済ませたあとに用意するのは、何とドライヤー。たしかに熱で消えるというのであれば、ラバーでいちいちこするより、ドライヤーをかけたほうが一気に消すことができる。おまけにインクも乾いて一石二鳥というわけだ。

いまでは、パソコンでマンガを描いている作家も珍しくないが、私はどちらかというと、手描きながらフリクションボールを使う手法に“未来”を感じてしまう。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2010年11月8日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。