bit

刃に絵が描かれた包丁

       
私は料理をしないのに、料理器具を見るのは大好き。合羽橋なんか、はっきり言ってパラダイス。この楽しさは、まさに文房具屋にいる時と同種のものと言っていいだろう。見てるだけで湧き上がる、不思議なワクワク感。

実は、料理器具マニアにとって見逃せない包丁があるのだ。岐阜県多治見市のセラミックスメーカー「TYK」が発売する、その名も『美濃刃(ミノバ)』が新しい。

画像を見ていただきたい。包丁の刃(セラミック)に彩られた、見事な和柄たち。見事すぎて、逆に切るのが憚られるような。

こんな包丁を製作した理由を、デザイナーである川合辰弥さんに伺ってみた。
「白いだけの従来のセラミックス包丁では面白くないので、キッチンをミュージアムに変えてしまうような楽しい包丁をつくろうと思いました」

そこで利用されたのは、多治見市の地場産業である「美濃焼」。これは、800度という高温で焼き物に絵柄を焼きつける“転写絵付け”の技術。通常の焼き物では出せない赤や青も鮮やかに出せ、色の再現性が高いことが特長と言われている。

そんな技術を用いた『美濃刃』には4種類の絵柄があり、どれも“クールジャパン”を連想させるモダン和柄に仕上げられた。海外需要を見込んで、ポップでありつつ和を感じさせるデザインを施したのだ。
また、現在は川合さんと京友禅の職人が共同で絵柄を製作中。「加賀友禅」など日本の工芸が、『美濃刃』を通じて世界に広まっていくことになるだろう。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュース

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2010年11月15日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。