「おいおい、見たか3月2日の読売新聞。『魔法少女まどか☆マギカ』の記事でてたな! しかも脚本の虚淵玄のインタビュー付きだぞ!」
Twitter / (福): というわけで、明日の夕刊popstyleには……(読売新聞記者さんのツイートより)
「見た見た。すごいねー。うーん、虚淵玄という人のことをよく知らないんだけど『けいおん!』みたいに社会現象化しそうなの?」
「いや、さすがに深夜アニメで万人向けというほどやさしいアニメじゃないから、そこまでは。楽器も弾かないし。でも最近ネットでいろんな『まどか☆マギカ』用語見るようになっただろ?」
「そうなんだよ。いまいち分からないのが多くてさ。たとえばやたらtwitterで『QB』って単語見かけるようになったんだけどなにあれ? クイックバーバー?」
「まあ、それもQBだけど……とりあえず『まどか☆マギカ』あんまり詳しくないみたいだから、ネットにおける『まどか用語』とあわせて簡単に説明しておくよ」
 
『魔法少女まどか☆マギカ』ーー虚淵玄脚本、蒼樹うめキャラクターデザイン、シャフト制作のアニメ。従来の「夢を叶える」「悪を倒す」という魔法少女ものの概念をぶち壊して、魔法少女とはなんなのか、人間の希望と絶望とはなんなのかを徹底的に描いた話題作。ストーリー、アクション、画面背景ともに毎回衝撃的な展開が続いており、ネットで話題騒然。8話の時点でヒロインのまどかは一度も変身していない。