review

インターネットをよく理解していない家族と、Twitterで連絡を取る方法

どうして「Twitterやりなよ」って言わなかったのか、「Skype便利だよ」って勧めなかったのか……。地震が起きた後、仙台に住む家族からの連絡を待ちながら、ずっと後悔していました。でも、本当は自分でも理由はわかっていました。それはただ単に「面倒くさかった」からでした。インターネットに疎い相手に「Twitterがどういうものか」を説明するのは、かったるい。「やってみるとわかるよ」という説明で納得してくれない相手を説得するのも面倒くさい。だいたい日々の生活を掌握されるのもわずらわしい。

ところが!
これらの面倒を回避しつつ、インターネットに疎い家族を相手にTwitterを<第三の連絡手段>として使う方法があったんです。

ヒントになったのはTwitterで偶然見かけた@kentplusさんのアイディア
「非公開アカウント一つ作る⇒IDとPWを親戚一同と共有⇒ログインして書込むなり閲覧」し、Twitterをインスタント掲示板として使うというものです。

この方法ならフォロー・フォロワーの概念を説明する必要はありません。こちらでアカウントをとり、向こうにはログインしてもらうだけだから、登録にまつわる負担は軽減できます。ただ、問題は「TwitterのIDとPWを全員で共有して、家族の連絡網にしたい」ということをどう伝えるか。


【1】非公開アカウントを作る

私が家族とTwitter版連絡網を作ったのは3月15日。ようやく電気が復旧したという知らせがあった翌日のことです。携帯メールは問題なくやりとりできるようになりつつありましたが、ネット環境は不明。そのため、「携帯電話のみで読み書きできる」を大前提に考えました。ふだん使い慣れていない人からすると、大文字小文字を組み合わせてあるだけで十分ストレス。IDは全部小文字で、パスワードも家族の名前など、シンプルで覚えやすいものにするのがおすすめです。設定で「ツイートを非公開にする」を選ぶと、非公開アカウントのできあがり。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る
お買いものリンク