エキレビにライターとして参加を決めたときから、例大祭のレポートはやらなければならないと決めていた。例大祭ってどこの例大祭かって? 博麗神社例大祭に決まってるじゃないか! 他のどの例大祭のレポートを書けっていうんだよおおおおお。
あ、いやいや。つい興奮してしまった。このサイトでは再三お伝えしているのですでにご存じの方は多いはずである。ここで言う例大祭とは、同人界で絶大な人気を誇る東方Projectのオンリーイベント、博麗神社例大祭のことである。東方のオンリーイベントは毎週のように日本のどこかで行われているのだが(驚くことに、来たる14日には台北でも開催される)、その中でも最大級のものが例大祭なのである。今回のカタログの記載によると、参加サークル数は4700、2004年の第1回が100サークルだったから、7年で47倍になったことになる。単一作品の同人イベントがこれだけの規模に拡大したことに驚嘆するばかりだ。1サークル最低2人は参加するだろうから、どんなに少なく見積もっても9000人、購買だけの目的で訪れる人を含めると、間違いなく2万人は会場の東京ビックサイトに集まったはずだ。

東方の歴史にくわしい「東方コミュニティ白書」(同人誌)によれば、同イベントが東京ビックサイトで開催されるようになったのは第5回からで、第7回から、東1以外のすべての東館ホールを借り切って行われるようになった。実際に入場するとよくわかるが、フロアにはかなり余裕があり、人が密集しても危なくないような配慮がされている。これは第5回の際にフロアが狭いことに起因する混乱があったためで、以降はバッファのスペースがとられるようになったのだ。無用のトラブルを予防するための配慮はこれだけではなく、たとえば徹夜・早朝来場の禁止などのルールがカタログや動画を通じて繰り返し呼びかけられている。一定時間より前に並んでいると、ペナルティが課せられ、行列から外されるルールになっているのだそうだ。知らなかった。危うく近くにホテルを予約して、夜明け前から並ぶところだったよ。教えてくれてありがとうカタログ!

この記事の画像

「東方Projectオンリーイベント、博麗神社例大祭に初参加してきた」の画像1 「東方Projectオンリーイベント、博麗神社例大祭に初参加してきた」の画像2 「東方Projectオンリーイベント、博麗神社例大祭に初参加してきた」の画像3