bit

英国の大学に潜入! 現地大学生の大麻事情とは?

英国の大学に潜入! 現地大学生の大麻事情とは?
訪れた大学内のバー。多くの学生でにぎわっていた。
しばしば日本のメディアをにぎわす大麻や麻薬、覚醒剤の問題。大学生が薬物を乱用した事件も記憶に新しい。そのキッカケとして、海外留学中にその味を覚える場合も多いという。実際の現場はどのようになっているのか? イギリスで最新のドラッグ事情を調査した。

足を運んだのはロンドン市内にある大学。通常、イギリスの大学には学内に学生のためのバーがあるのだが、この大学の場合、その中に学生相手の売人が紛れ込んでいるという。現地の大学生に聞き込んでみた。
「売人は大体2~3人います。風貌は学生と区別がつかないので、学校側にバレることはありません」(現地大学生)

実際、彼の指差す方向には、東南アジア系とインド系の男性、そして東欧系の女性の計3人がいた。
「扱っている大麻はイギリス国内で栽培されたものが多いです。大麻だけでなく、(ハードドラッグと呼ばれ中毒性が高い)コカインなどもあります。ただし学生はお金がないので、実際コカインなどはそれほど買いません。金融街で働く銀行員などは豪快にコカインをやっていますね」(東南アジア系売人)

そもそも現地の大学生は、飲み会などでタバコを吸うように普通に大麻を吸う。それは大学生に限らない。学校の休み時間に大麻を吸っている高校生などもいる。価格も日本で買う場合の半額かそれ以下の値段だという。

一方、こんな話も聞いた。学生によると地方はロンドンに比べて薬物の価格も安く、よって地元で仕入れてロンドンへ持ち込み、友人に転売している同級生もいるという。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2011年5月15日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。