review

『アンダー・ザ・ドーム』刊行記念イベント「スティーヴン・キング酒場」が大にぎわい

『アンダー・ザ・ドーム』刊行記念イベント「スティーヴン・キング酒場」が大にぎわい
『アンダー・ザ・ドーム』上下巻 スティーヴン・キング、白石朗訳/文藝春秋
ある日町が透明なドームにすっぽりと覆われてしまい、外界から完全に隔絶されてしまう。飛行機がそれに激突して墜落してしまうほど高く、また地中深くにも潜っている。それが透過させるものはごく小さな微粒子だけで、雨粒なども通さない。
異常事態に巻き込まれた小さな町、チェスターズミルの住人たちを、さらなる不幸が待ち受けていた。有力者の一人が、外界から手出しができないのをいいことに、独裁者として町を牛耳ろうと動き始めたのだ。ならず者を臨時警察官として任用して私兵のように使い、食料や酒の販売を禁じて生活手段を掌握しようとする。その邪悪な意図に気づいた一部の住民たちが、彼を排斥しようとして水面下で動き始めるが、一度権力の座についた者は、容易にその地位を諦めようとはしない。両勢力の衝突が、新たな悲劇を生んでしまうのだ。ドームの外にいる人は、悪化していく事態を眺めていくことしかできない。
ホラーの帝王、スティーヴン・キングの新作『アンダー・ザ・ドーム』は、上下巻で1300ページを超す大作だ。一つの都市が外界から隔絶される、という設定自体はそれほど珍しいものではない。日本でいえば、小松左京に『物体O』『首都消失』などの作品がある。最近でいえば、2007年のアニメ「ザ・シンプソンズmovie」もそういう設定だ。そういえばネットで『アンダー・ザ・ドーム』は「ザ・シンプソンズ」にインスパイアされた、という説が囁かれたこともあり、キングを大激怒させたとか。本書の作者あとがきに「この『アンダー・ザ・ドーム』を最初に書き始めたのは一九七六年のことだったが」と冒頭に断られているのも、「ザ・シンプソンズ」に影響されたわけじゃないよ、と一応前置きしておきたかったのでは、というのは下衆の勘ぐりですか。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「本」のニュース

次に読みたい関連記事「本」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「出版」のニュース

次に読みたい関連記事「出版」のニュースをもっと見る

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2011年5月20日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。