review

東野圭吾の新刊『マスカレード・ホテル』ホテルマンと警察官が火花を散らす!

       
怒涛の東野圭吾イヤー、ようやく一段落。
9月9日に新刊『マスカレード・ホテル』がお目見えしたことにより、止まるところを知らなかった2011年の東野圭吾新作刊行ラッシュはようやく落ち着いた感がある。振り返ってみれば、
1)新春2日、加賀恭一郎シリーズ『赤い指』2時間ドラマ化→3月に出る加賀シリーズの新刊題名が『麒麟の翼』であるとドラマ内で発表。
2)1月12日、話題作『秘密』の原型作品を含むお蔵出し短篇集『あの頃の誰か』が文庫オリジナルで刊行。
3)3月3日、『麒麟の翼』刊行→後に映画化が発表される。
4)6月6日、〈探偵ガリレオ〉湯川学シリーズ最新長篇『真夏の方程式』刊行。
 という流れである。お気づきの方もいるかもしれないが、今回の『マスカレード・ホテル』の発売日は9月9日。そう、3の倍数のぞろ目で実は揃えられていたのだ。ということはもしかすると、12月12日にも何かが出るのかしらん。この他にも『夜明けの街で』が岸谷五郎主演で映画化されたり、ノンシリーズ長篇が三作連続でTVドラマ化されたりと、東野圭吾がらみの話題がノンストップで提供され続けてきたわけである。ファンの方は、追っかけるのがたいへんだったでしょうね。おつかれさま。

さて、一応その最後を飾ることになった『マスカレード・ホテル』である。今年刊行される新作長篇の中では、唯一のノンシリーズ作品ということになる。
舞台となるのは、東京都内にあるシティホテルだ。フロントクラークで働く山岸尚美はある日、支配人から仰天するようなことを告げられた。警視庁からの要請があったのである。都内で連続殺人事件が発生し、警察は次の現場が同ホテルになるという極秘情報を得た。事件を未然に防ぐために、数名の警官をホテルの従業員として潜入させてもらいたいという。尚美の担当するフロント業務はもっとも客に近く、ホテルの看板といってもいい部署だ。そこにも異分子が入りこむことになるという。げんなりしながらも山岸尚美はその刑事、新田浩介の指導を開始する。どう見ても刑事そのものの新田を、ホテルマンにふさわしい顔つき、物腰に変えていかなければならない――。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2011年9月12日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。