bit

「地下足袋」を現代流に解釈したブーツ

「地下足袋」を現代流に解釈したブーツ
地下足袋が進化すると、こんなブーツになる。
夏休みは、楽しかった。普段と違う日々を過ごして、いつもとは違った格好をして……。甚平を着たこともあった。下駄や草履も履いてみた。

あの時に、日本の履物の良さを再確認したわけで。だからこそ、この新ブーツが見逃せない。オーダーメイドの靴を製作する「吉靴房」(京都府京都市)が、5月より展開しているブーツ『五枚丈(ごまいだけ)』は、まさしく現代流の地下足袋。

……と言っても、イキナリじゃよく分からないだろう。まずは、画像をご覧いただきたい。ブーツなのか、足袋なのか、ちょっと不思議なルックスをしていると思う。
このような靴を製作したきっかけについて、同店の履物作家である野島孝介さんに伺った。
「当店のテーマとして、“日本の文化、日本の履物”を掲げております。今まで、下駄や草鞋を当店流にアレンジしてきましたが、足袋についても『無視できないな』とかねてから意識していました」

そしてついに、吉靴房が足袋の製作に着手! だが、やるからにはただの地下足袋にはしない。2011年にふさわしい靴を作るべきだと考えた。
「ワークブーツやチャッカブーツなど、定番の靴がありますよね。これらを参考に、日本の新しい定番となるような意識で、地下足袋を作りました」(野島さん)

どういうことか? まず、アキレス腱の部分について。足袋はこの場所に小鉤(こはぜ)と呼ばれる金具があり、それを留めて履くのが本来のやり方だという。
そして、高さについて。小鉤5枚分がそのまま、ブーツの高さとイコールになる。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る 2011年9月26日のコネタ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース