review

「映画コナンの犯人はなぜGWにビルを爆破するの?」第13回文学フリマでまたまた見つけた凄い本

       
11月3日、東京流通センター(TRC)にて同人誌即売会「第13回文学フリマ」が開催された。この日は、2002年に第1回文学フリマが東京・渋谷の青山ブックセンターで開かれてから丸10年を迎えた節目の日。回を追うごとに増え続ける参加者に対応するべく、会場も青山BCから東京都中小企業振興公社・秋葉原庁舎、大田区産業プラザPiOと転々とし、参加サークルが600を超えた今回はさらに大きなキャパシティを持つTRCでの開催となった。

さて、昨年12月の前々回今年6月の前回に続き今回の文学フリマでも、わたし(近藤)をふくめエキレビ!のライターがこれぞと思う本を見つけてきて紹介することになった。いざ各ライターから紹介文を集めてみたところ、2次創作的なもの、アニメのDVD、ゾンビもの、ホラーマンガ、歌集の副読本……と今回もまたバラエティに富んだセレクトとなった。公式サイトにも掲げられているように、やはり文学フリマには参加者一人ひとりが信じる「文学」があるようだ。

というわけで、ここからは各ライターによるおすすめ本の紹介文を掲載する。なお各文章の冒頭には本のタイトルとともに、カッコ内にその本を販売していたサークル名を示した。

香山哲のおすすめ本】 『名探偵コナン 閃光の臨界点』(激情版コナン製作委員会)
コナンをほとんど知らないので聞いてみたら「劇場版名探偵コナンのオリジナルのパンフレットです」と言う。それでもよく分からないので読んでみたら、「過去15作の劇場版コナンの犯人が全部一度に脱獄して殺される謎の事件」という勝手に考えた「架空の16作目の映画」を想定したパンフレットって感じ。ただ、単なる2次創作ではなく、架空の16作目を解説することによって今までのコナン映画のレビュー集に仕立てている作りが面白かった。映画のコナンは過去15作ほど、毎年ゴールデンウィークに上映され、劇場版は派手なシーンが必要なために必ず犯人はビルなどの爆破を行うんだけど、「なぜ毎年GWに集中して事件が起こるのか」、「探偵物における爆弾の役割」など人気アニメ映画が盛り上がるために必要なパーツの考察がわりと真剣になされていて、一周回って一般性が出ている不思議な冊子。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2011年11月9日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。