review

最終回直前!「たまゆら~hitotose~」広島県竹原市に聖地巡礼おかえりなさいレポ

最終回直前!「たまゆら~hitotose~」広島県竹原市に聖地巡礼おかえりなさいレポ
「たまゆらの日2011ファイナル」のステージはお寺の本堂前。“世界のサトジュン”こと佐藤順一監督は、ド派手な法被姿(これもたまゆらグッズ!)で登場
「おかえりなさい」
駅舎出口前の道に刻まれた、この文字を見て思い出すのは、「たまゆら~hitotose~」第1話のラスト、主人公の沢渡楓と幼なじみの塙かおるが数年ぶりに再会する名シーン。
亡くなった父親との楽しい思い出が詰まった竹原を、久しぶりに訪れた楓。
悲しみを乗り越えた彼女を出迎える「おかえりなさい」の文字。
以前は無かったその文字に驚き、立ち止まった楓の耳に届く優しい声。
「おかえり」

ここは広島県の竹原市。「たまゆら」ファンである我々「たまゆら~」にとっての聖地だ。昨年発売されたOVA「たまゆら」は、竹原に引っ越してきたカメラ好きの女子高生・楓と、その友人たちの日常を丁寧に描いた作品。現在、続編の「たまゆら~hitotose~」がテレビ放送されている。
この日、11月19日は、全国のたまゆら~が集まる「たまゆらの日2011」の初日。あいにくの雨模様。しかも、イベントもグッズ販売も始まっていない朝9時半という早い時間にも関わらず、すでに多くのたまゆら~が聖地の玄関ともいうべき竹原駅に降り立ち、巡礼を開始していた。

「おかえりなさい」
もう一度、その文字を見て実感する。本当に来たんだ……。
脳裏をよぎるのは、何度も見返した、あの場面。
まさに佐藤順一監督マジック。美しい音楽&歌声とのコンボを未体験の人はぜひチェックして欲しい。

町に入ってまず訪れるのは「町並み保存地区」。ここは、江戸時代からの古い建物も残る竹原の代表的な観光名所。そして、楓たちの憩いの場であるお好み焼き屋「ほぼろ」のモデルになった店をはじめ、アニメの映像で見たほぼそのままの町並みが、現実の光景として目の前に広がる聖地の中心地だ。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2011年12月13日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。