review

ダウンタウンとエヴァンゲリオンに影響を受けた〈ブレイク直前!「gdgd妖精s」制作陣インタビュー1〉

ダウンタウンとエヴァンゲリオンに影響を受けた〈ブレイク直前!「gdgd妖精s」制作陣インタビュー1〉
(C)菅原そうた/2代目gdgd妖精s<br />今期話題の、大穴アニメ『gdgd妖精s』。プロデューサー:福原和晃、演出・脚本:石舘光太郎、映像監督:菅原そうた。もう見ました? 見てない人は急いでニコニコ動画へGO! 実は監督のいないこの作品、一体どうやって作られているのか、どこから発想が生まれているのかを、3人に3回に渡ってインタビュー!
今話題を呼んでいるアニメ「gdgd妖精s」。
ブレイク直前! アニメ「gdgd妖精s」はバカCGでぐだぽよ~
なんとこの作品監督がいません。
そこで今回は3人の方
企画プロデューサー:福原和晃
演出・脚本・構成:石舘光太郎
企画・映像監督・キャラデザイン:菅原そうた
にお話をうかがいました。


●おそらく多重構造の面白さ
――「gdgd妖精s」は本当に斬新なアニメですね。どの層狙いの作品なのか凄く気になるんです。

石舘:まず前置きとして、僕は「ダウンタウン」さんと「新世紀エヴァンゲリオン」に大きな影響を受けました。

――その二つのどこがよかったんですか?

石舘:あれだけ尖って新しいことに挑戦していながらも、特定のターゲットだけではなく幅広い層の人たちに支持されたところです。おそらく多重構造の面白さ。別々のフックに引っかかった人たちがいつの間にか同じジェットコースターに乗せられていると感じました。どちらももう15年以上前の話ですよね。

――でもどちらも今も影響力ありますねえ。

石舘:幅広い層に支持されようとすると最大公約数に向けてエッジのない作品を目指してしまうことが多いと思うんですが、でもそれは間違いだと気づいたんですね。一番人口が多い層をピンポイントでターゲットにしただけであって、決して幅広い層に支持されわけではない。以来、「楽しみを多重構造にする」「いつの間にかあらゆる層の人たちが楽しめる主軸を用意する」という2点が僕の目指すところになりました。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2011年12月14日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。