仕事柄、様々な業種の方とお話する機会がある。しかし、いわゆる“暴力団”の組員と接触したことは今まで無かった。恐らく、この先も無いと思う。

ところで、大阪でこんな活動をしている人がいるらしい。病気や事故などで身体の一部を失われた方のため、人工ボディを作る「工房アルテ」。同社に勤務する技師・福島有佳子さんによる、ある画期的な試みである。
実は彼女、暴力団を脱退し社会復帰を目指す元組員に“義指”を作り、彼らの更生を支援しているそうなのだ。

正直、こういう仕事があることを初めて知った。また、こういう支援の仕方があることにも初めて気づいた。
だけど、どうしてこのような支援を始めるようになったのだろう?
「以前から元組員の人に義指を作ることはあったのですが、未払いで連絡がとれなくなることが多くなったんです。何度も連絡をし、理由を聞くと『組を辞めてお金が無い上に、仕事もない。仕事したら、いつか必ず払いにくる』と話してくれました」(福島さん)
福島さんの所に元組員が増えた時期と、92年の暴対法の時期は重なる。
現状を知った福島さんは、まずは仕事ができるようにと儲け度外視の金額設定に改め、元組員の社会復帰を後押しする活動をスタートした。

そこからは「大阪府暴力団離脱支援センター」との連携も始まっている。同施設が「義指を作って、社会復帰したい」と願う元組員を福島さんに紹介、そうして今までに170~180人ほどの義指を手掛けてきたそうなのだ。