藤本健二『北の後継者 キム・ジョンウン』では、金正日一族の生年月日が以下のように書かれている。

金正日 1942年2月16日(午年)
高英姫(注:金正日の第4の妻。故人) 1950年6月26日(寅年)
金正哲(注:高英姫が生んだ最初の男子) 1980年9月25日(申年)
金正恩(注:高英姫が生んだ二番目の男子) 1983年1月8日(亥年)
キム・ヨジュン(金汝静)(注:高英姫が生んだ最初の女子) 1987年9月26日(卯年)

金正日はわかっているだけでも5人の女性を妻、ないしそれに近い形で身辺に近づけている。長男の金正男は第2の妻である成恵琳の子だが、当時恵琳は他の男性と結婚していた。つまり婚外子であるとの引け目があり、父・金日成への正式な披露目は遅れたという。第4の妻である高英姫の場合は出自に問題があり、北朝鮮の為政者の正妻としては理想的な存在とは言いがたいらしい。実はそのことが後継者レースを複雑なものにしているのである(後述)。第5の妻が、元は秘書だった金玉だ。
TVのニュースなどでは、金正恩こそが次の北朝鮮の支配者だというように、既成事実のようにして報道されている。しかしマスメディアの報道は必ずしも正確ではない。正恩の異母兄である金正男を本命としていた時期が長く続いたように、北朝鮮関係の報道は、消息筋からの伝聞といった非公式の情報源を元にしている場合が多く、「もしかすると~かもしれない」といった不確かな情報がいつの間にか事実として一人歩きしてしまうこともある(金正恩であるといわれる人物の写真が最初に出回ったとき、写っていたのがまったくの別人だったのがいい例だ)。情報の根拠は常に疑ったほうがいい。この原稿では、その事実関係を疑うための視点をいくつか提供しようと思うのである。