bit

そもそも、“演歌”っていったい何?

去る年末の「紅白歌合戦」を、筆者も家族や親戚たちといっしょに見た。「マル・マル・モリ・モリ!」が始まると、大ハシャギするチビッ子たち。小学生の甥はAKB48に、中学生の姪はNYCなるアイドルグループの出番に大興奮。30代である筆者の妻は、長年ファンである浜崎あゆみの歌に見入る。

だが、50代、60代の、筆者の両親および叔父・叔母連中は、それらにあまり興味を示さない。演歌歌手の川中美幸が歌い始めてようやく、テレビに目を向け始めた。その後も両親たち50~60代は、演歌の出番になるとテレビ、演歌以外の時はテレビから離れて会話などを楽しむ。逆に、子供たち、それに20代~30代の連中は、演歌以外のときはテレビ、演歌になるとテレビから離れて別のことをする、というのを繰り返した。

なぜ、中高年世代は演歌が好きなのだろう。若年層は、なぜ演歌に興味が無いのだろう。このまま時代が移り変わり、いまの若年層が中高年になる頃には、演歌は衰退しきってしまうのか。そもそも、演歌とはいったい何なのか。

その問いに、鎌倉を拠点に歌手・作詞作曲家として長年活動している、「よかにせどん」の本田修一さんが答えてくれた。

「演歌とは、“演ずる歌”と書きます。約3分間の曲と詞の中に、人生や情愛、情念、思い出などが凝縮されている。それを非常にわかりやすく、歌いやすい形で表現したものが演歌である、といえるでしょう」と、本田さん。「わかりやすく、歌いやすいからこそ、演歌は誰でも参加ができるし、参加したくなるんです」
編集部おすすめ

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

コネタニュースランキング

コネタランキングをもっと見る
お買いものリンク