最近インターネットで何か買い物をした時とか、家に届くまでの細かい配達状況が見れるよね。今どこの支店にあるとか、どこまで運んだとかそういうことまで見れたりする。

逆に自分が送った荷物も、伝票番号をインターネットで入力するとそういうのが分かったりするけど、伝票番号は10桁以上あって、コンピューターに向かって入力するのは少し面倒に感じることもある。

つい先日登場した「クロネコヤマト公式アプリ」は、インターネットで今まで出来ていた荷物の配達状況把握がiPhone上で出来るアプリなんだけど、伝票番号の入力を直接入力だけじゃなくて、配達の人がやってるみたいにバーコードで読み取れるのだ!

かねてから僕は、プロが持ってるあのバーコード読取機の赤いレーザーが出る感じとかが、ものすごくかっこいいと思っていた。みなさんの中にもあのレーザーに憧れてる人は少なくないだろう。プロ=赤いレーザーと言っても過言ではないと思う。本アプリもバーコード読み取りモードを起動すると画面に赤いガイド線が出てきて、それにバーコードを揃えると自動で読み取り、配達状況が分かる。もう何年も前に配達が終わった伝票でも読み取れたりするので、いつの何の伝票だったかを把握したり、単に子どもが遊んで喜ぶだけでも使える。

暗い所などではバーコードが読み取れないので、もちろん直接入力も出来る。荷物は配達状況を知って再配達をそのまま頼んだりできたり、リストアップされたクロネコヤマトの支店情報(電話番号や営業時間)がワンタッチで見れるほか、履歴を保存してメモを記入して管理したりもできる。配達状況確認は一度に5件まで可能なので、バーコード読取や数値入力をまとめて行って、一括で問い合わせ通信ができる。