bit

「懐かしいにおい」に関する考察

       
先日、所用で感染症の予防接種をうけた。看護婦さんに腕をまくられ、ガーゼで腕を消毒されたとき、久々にかいだ消毒用アルコールのにおいに、ものすごく懐かしい気持ちになった。小学生のころに受けた予防接種で、授業中にソワソワしながら注射の時間を待つ不安感とか、注射の順番を目前にし、怖くて泣きそうだけど友達がいる手前強がる強情さとか、注射が終わり、「たいしたことねえな」とやっぱり強がりながらも隠せない安堵感、そういう昔の記憶がぱっとよみがえり、非常にセンチメンタルな気持ちになっていたら、いつのまにか注射が終わっていた。

このような現象は、割とよく知られた現象であるようで、「プルースト効果」という名前が付けられている。これは1871年生まれのフランスの作家、マルセル・プルーストに由来したもの。プルーストの代表的な小説である「失われた時を求めて」の文中において、主人公がマドレーヌを紅茶に浸し、その香りをきっかけとして幼年時代を思い出す、という描写があり、ここから、嗅覚や味覚から昔の記憶が呼び覚まされることをプルースト効果と呼ぶようになったのだそうだ。

杏林大学医学部・古賀良彦氏のコラム「匂いと脳」によると、五感(視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚)のうち、匂いを感じる嗅覚は脳内の伝達経路が異なっており、脳の中で原始的でもっとも本能に近い感覚を司る「大脳辺縁系」に届けられるのだそう。そのため、匂いはもっとも感情を刺激する感覚だという指摘もあるのだそうだ。嗅覚についてはまだまだ分かっていないことが多いのだが、「懐かしいにおい」も、このような体の働きが関係している可能性は高い。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

おもしろニュース

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2012年1月31日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。