review

偉人たちが人生の最後に食べたい料理とは?「最後のレストラン」

偉人たちが人生の最後に食べたい料理とは?「最後のレストラン」
月刊コミック@バンチ(新潮社)で連載中。<br />左から前田あたり、園場凌、有賀千恵になります。そう、二人のバイトはレストランの中ではメイド姿だったりします。
あなたは人生で最後に何を食べたいですか?

いきなりこう聞かれて答えられる人は少ないでしょう。でも、食事というのは人生において、欠かすことのできない行為です。「食べることは生きること」とも言います。人生で最後の食事というのは、そういった今までに行ってきた食事の集大成なわけですから、その人の人生が凝縮して表されているような気がしませんか。

「コンシェルジュ」「コンシェルジュ・プラチナム」の作画をされている藤栄道彦さんの新作「最後のレストラン」は、歴史上の人物が最後の晩餐をしに来るレストランなのです。

……と、言うとなんだか堅苦しい感じの印象を受けますが、そうではありません。まずは公式ページ(1話をちょっとだけ読めます)と、宣伝動画を見てみてください。

舞台は客のこないフレンチレストラン「ヘブンズドア」。オーナー兼シェフの「園場 凌(そのば しのぐ)」は父親からお店を受け継いで1週間ですがお客が全然来ないので、お店に火を付けて自殺しようとするところから始まります。その騒動はバイトの「有賀 千恵」と「前田 あたり」に止められるのですが、そこに何故かお店のドアと本能寺の変真っ最中の本能寺の戸がつながってしまうのです。そして現れたのは織田信長ご一行。織田信長は今生での最後の食事に「どこの天子・聖人でも食したことのないような空前にして絶後の料理」を所望するのでした……

という感じに、歴史上の偉人が死の直前に現れて、最後に食べたい料理を伝えます。でも、主人公達は「時代劇の俳優さん?」とか言って気づいていません。まあ、普通はお店のドアが過去とつながって本物の織田信長が来たと考えるよりも時代劇の俳優さんが衣装のまま来ちゃったと考えますよね。そして出された難題を、主人公が名前の通りその場をしのぐアイデアで乗り切っていくのです。...続きを読む

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る 2012年2月15日のレビュー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース