bit

「朝起きたら体の向きが真逆になっていた」現象について

先日、朝起きたら、自分が見慣れない場所にいることに気づき、パニック状態になった。

しばらくしてから落ち着いてあたりを見回すと、なんのことはない、単に頭と足の位置が真逆になり、枕の方に足がきている状態になっており、普段起きたときに見る景色と若干違っていただけだった。

筆者の寝相は良い方で、基本的に、寝たときと起きたときの寝相はほとんど変わっていないのだが、年に数回、体の向きが変わるほどに激しく寝相が悪くなることがある。知り合いに聞いてみても、「あるある」と同意してくれる人が、少数だがいる。これは一体どういう現象なのだろうか?

眠りに関する情報提供などを行う「快眠コンソーシアム」のコラムによると、「睡眠は、脳を積極的に休息させる時間。熟睡していれば当然、自分の姿勢をコントロールする脳の運動野、頭頂連合野、小脳の働きも低下します。そのため、姿勢を制御できず、寝相が悪くなりますが、それは、熟睡を示す重要な生理現象のひとつといえます。」とのことであり、寝相が悪い、ということは別に悪いことではない。

また、滋賀医科大学睡眠学講座認定の睡眠指導士で、120年以上の歴史を持つふとん屋さんのオーナーでもある沢田昌宏氏によると、「眠りには、レム睡眠とノンレム睡眠の2種類があります。レム睡眠は脳が活動状態にあり、ノンレム睡眠は脳も休息状態にあります。夢を見るのは、レム睡眠のときだと言われていますが、このとき、夢の通りに体が動いてしまうと危険なので、身体の筋肉は弛緩しています。しかし、レム睡眠時でも弛緩状態にならない、いわゆる『寝ぼけ』という状態があり、このときに布団の中での体の動きが大きくなることがあります」とのこと。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コネタニュースランキング

コネタランキングをもっと見る
お買いものリンク