review

なぜ自殺者は3万人を超えているのか? データ検証の嘘

なぜ自殺者は3万人を超えているのか? データ検証の嘘
冨高辰一郎『うつ病の常識はほんとうか』「なぜ自殺者は3万人を超えているのか」など、うつ病にまつわる様々な定説を検証した本。
       
2011年の自殺状況(確定値)の分析結果が3月9日に公表された。
自殺者数は14年連続で3万人を超えた。

自殺者が右肩上がりに増えたと主張し、日本は自殺大国だとか、経済の不振のためだとか、格差社会の犠牲者だとかうんぬん、そういったことを語る書籍や知識人は多い。
「うつ」に関する本でも、自殺者の増加と絡めて社会問題やうつの話に結びつけるモノがいくつもある。
だが、冨高辰一郎『うつ病の常識はほんとうか』はそれとは全く異なる事実を組み上げる。

『うつ病の常識はほんとうか』は、うつ病にまつわる様々な定説について検証を行った本だ。
1章 なぜ自殺者は3万人を超えているのか
2章 ストレスは増えているのか
3章 どんな性格の人がうつ病になりやすいか
4章 うつ病の診断基準とは
5章 薬の適切な用量はどうやって決めるのか

自殺者のデータを検証する第1章。まず1900年から2006年までの日本の自殺者数の統計が示される。
たしかに“長期的に自殺者数は右肩上がりで増えている”。
だが、“一番大きな要因は日本の総人口が増えたこと”だと喝破するのだ。
人口が増えたので、自殺者数も増えたのだ、と。

そこで、人口10万人あたりの自殺者数を検証する。
すると“日本の自殺率はここ100年間で10万人あたり20±5人の間で、上下に揺れ動いて”はいるが、急増していないことがわかる。
とはいえ、上下の振幅の中で、現在の自殺率はけっして低いとは言えない。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2012年3月12日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。