bit

自宅の風呂から富士山を眺めてみませんか?

自宅の風呂から富士山を眺めてみませんか?
自宅のお風呂でプチ銭湯気分!? が味わえる「風呂ンティア」。
3月も中旬とはいえ、まだまだ寒い日が続いている。帰宅後の楽しみといえば、熱いお風呂にゆっくり入ること。子どもの頃は、たまに近所の銭湯に行ったりしたものだけど、壁にはたいてい、富士山の絵が描かれていた。現代では「銭湯画」を観たことがないという若者や子どもたちも増えているのかも……? と、そんなことを考えてしまったのは、大阪在住のアーティスト、通称ゴンゴンこと、権田直博さんがはじめた、人ん家の風呂場に富士山を描くその名も「風呂ンティア」というアートプロジェクトを知ったことから。

リアルなタッチでブルーの富士山が描かれ、そのあまりの美しさと、小さな自宅の風呂場に雄大な富士山……というギャップがなんともおもしろく、眺めていると驚きと笑い、そして感動がこみあげてくる。この絶景をひとり占めしつつ、お風呂に浸かれるなんてとっても贅沢! うちは賃貸なので、持ち家がある人に限られるのが残念なところ……。権田さんに「風呂ンティア」をはじめたきっかけなどうかがってみたところ、

「知り合いのカメラマンさんと『人の家のお風呂に富士山描いたらおもしろそう』と話してて、その人の家の風呂場に描かせてもらったのがきっかけです。カメラマンさんが撮影で家をあけている間、キャットシッターかねて制作しました。そこから、また別の知り合いが依頼してくれたり、口コミで広がっていきました。
画材は水性ペンキ。ペンキで描くのは初めてでしたが、やってみると結構絵の具と一緒なんだなと。混ざるし。ペンキでグラデーションがつくれるとは思ってなかったですね」...続きを読む

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る 2012年3月21日のコネタ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース