bit

多用化する初代ウルトラマンのイメージ

多用化する初代ウルトラマンのイメージ
スプーン顔にあてて、「シュワッチ」。そんな世代もいますよね。
新作映画『ウルトラマンサーガ』が3月24日から公開の、ウルトラマンシリーズ。

この作品でも新たなウルトラヒーロー、ウルトラマンサーガが登場するが、現在まで続くウルトラマンシリーズの原点となったのは、もちろん初代のウルトラマン。
この初代ウルトラマン、当時の作品中で使われたスーツのバリエーションの変遷が大きく、登場順に「Aタイプ」「Bタイプ」「Cタイプ」という区別がなされて扱われることが多かった。
児童向けでないハイターゲット向けの商品には、このA〜Cのタイプそれぞれのディティールを細かく再現して商品化される物も多い。

近年、そのバリエーションはさらに多岐にわたる時代に突入していた。特撮作品に詳しい編集者が言う。
「ウルトラヒーローって、後のシリーズで、ゲストキャラとして主人公を助けにきたりする回がありましたよね。そのゲスト回に再登場したウルトラマンは、当時の撮影用スーツが劣化していたりすることで、新たに作り起こされたり、アトラクションショー用に使われていたものなんかが利用されたりで、オリジナルの物とは違うものである場合がけっこうあります」

このような他作品に出演するウルトラ戦士を「客演マン」や「客演セブン」なんていう言い方で区別することもあったりするとのことだが、近年では、こういったオリジナルのものとはちょっと違う客演ウルトラマンにも、一定の需要はあるのだという。
「リアルタイムで『ウルトラマン』を見てきた世代が50歳前後でしょうか。それよりも下の40歳前後、ウルトラ兄弟・ウルトラファミリーが共演したり勢揃いしたりすることにインパクトを受けた世代にとっては、その回のウルトラマンの姿が、とくに強烈に刷り込まれている場合があるんですよ。オリジナルのものよりも多少くたびれていたり、どこかバランスが悪かったり、目が真っ黄っ黄だったり。中には身体の赤いラインや、グローブの色まで違ってたりすることもあるんですが、かつてはオリジナルと比べてカッコ悪いみたいな扱いを受けていたものも、それはそれでひとつの味として、ウケるようになってきているんだと思います」

あわせて読みたい

  • ウルトラCの“C”とはいったい何?

    ウルトラCの“C”とはいったい何?

  • ゼットン級!? の超難関、ウルトラ検定1級の傾向と対策

    ゼットン級!? の超難関、ウルトラ検定1級の傾向と対策

  • コネタの記事をもっと見る 2012年3月28日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース