bit

レモンはなぜビタミンCの象徴になったのか

レモンはなぜビタミンCの象徴になったのか
やっぱり、ビタミンC=レモンというイメージは、今もありますね。
       
免疫力を向上させる効果が期待されることから、花粉症や風邪などに良いといわれる「ビタミンC」。

ところで、「ビタミンCがレモン○個分!」などというフレーズをよく耳にするが、パセリやブロッコリー、赤・黄ピーマン、アセロラなど、レモンよりもビタミンCの含有量が多い食品はけっこうあるもの。
意外かもしれないが、実はジャガイモや焼きのりなどにも豊富に含まれている。

なぜ「レモン」がビタミンCの代表選手のような扱いになったのだろうか。
『干し野菜手帖』 『野菜ソムリエKAORUの野菜たっぷりサンドイッチレシピ』(誠文堂新光社)の著者・KAORUさんに聞いた。
「『ビタミンC=酸っぱい』というイメージがありますが、実際にはビタミンCそのものが酸っぱいわけではなく、ビタミンCを豊富に含んでいる食品に含まれている『クエン酸』が酸味の理由です。もともと食品分析では、通常の成分含有量を表示し、比較に利用するため、ちょうど1個が100gでそのビタミンC含有量が100mgであるレモン(全果)が最もわかりやすいことから、基準になったのだと思います。でも、レモンは香りづけに使うもので、その量を大量に食べることは非現実的ですよね。様々な食物に対して栄養分析があまりされていなかった時代には、レモンが『酸っぱくてビタミンCが豊富』というイメージだけが先行し、広まったことも要因なのではないかと思います」
日本人にとってわかりやすく、イメージしやすい基準としてレモンが選ばれたのでは? という推測だ。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2012年3月30日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。