review

『人はなぜ〈上京〉するのか』(いつでも地元に戻ってくればいいんじゃなかろうか)

『人はなぜ〈上京〉するのか』(いつでも地元に戻ってくればいいんじゃなかろうか)
難波功士『人はなぜ〈上京〉するのか』日経プレミアシリーズ<br />この100年における「上京」の変化について、新書サイズでコンパクトにまとめた一冊。東京という都市が、人口増加にともない郊外へと拡大を続けていった様子もよくわかる。著者は気鋭の社会学者で、関西学院大学教授。
この春から進学や就職などで上京し新しい生活を始めたという人も結構いるのではないだろうか。その理由は人それぞれだろうけれども、「夢の実現には東京しかありえない!」「東京で一旗揚げる!」などと勇んで上京したという人はどれだけいるだろう?

難波功士『人はなぜ〈上京〉するのか』は明治から現在にいたる“上京の状況”(なんてダジャレは本書には出てこないが)について、人口動態など各種データのほか、文学や歌謡曲、マンガなど多彩な作品を材料にその変化をたどっていく。

日本が近代化の道を突き進むなかで東京には全国各地から人が集まるようになる。しかし上京の理由はさまざまだ。家の期待を背負い立身出世をめざして東京に出てくる者がある一方で、貧困から故郷を捨てて上京した者もあった。立身出世をめざしての上京、貧困から脱出するための上京はいずれも、終戦直後の第1次ベビーブーム期に生まれた「団塊の世代」あたりまでは一般的なものとして続く。

若者たちを上京に駆り立てた理由はそれだけではない。1970年代以前、東京と地方とのあいだには圧倒的な落差があったという。本書に引用されている作詞家の阿久悠の手記によれば、兵庫県淡路島出身の阿久は上京するまでビルを見たこともなければ、入院以外でベッドに寝た経験を持つ者も周囲にはいなかったようだ。そんな地方の若者たちが、東京に過剰なまでに憧れを抱いたのは当然だろう。

だが少なくとも情報量の格差に関しては、テレビの普及によって埋められていく。交通網の発達、大規模な商業施設の進出などにともない地方都市の“東京化”も進んでいった。ここに

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「漫画」のニュース

次に読みたい関連記事「漫画」のニュースをもっと見る

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2012年5月1日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。