bit

韓国に初上陸した「大阪王将」に行ってみた

韓国に初上陸した「大阪王将」に行ってみた
ふわとろ天津飯と餃子のセット。日本の店舗ではお目にかかれないキムチのサービスも。
ココイチ、モスバーガーなど、日本の有名チェーン店が続々進出している韓国。去る4月15日、餃子を初めとする中華料理でおなじみの「大阪王将」が韓国に初上陸したというニュースを聞き、おいしい焼き餃子に飢えていたソウル在住の私は、早速訪れてみた。

大阪王将韓国1号店は、ソウルの江南(カンナム)という最もホットなエリアのひとつに位置する。店舗は2階にあり、大阪っぽい派手な外観で、韓国の看板に負けない個性を放っていた。私が訪れた時は、お昼過ぎの曖昧な時間にも関わらず、若いカップルや会社員がそこそこ利用していた。

激辛スープとシーフードの麺料理「チャンポン」、甘い肉味噌がかかった麺料理「チャジャン麺」など、中華料理が独自の発展を繰り広げてきた韓国で、本場中国とも異なる日本の中華料理はどう受け入れらるのか。E&Gフーズの斉藤社長に、お話を伺った。
韓国の大阪王将では、日本に比べメニュー数を絞っている以外には、基本的に同じレシピの商品を提供しているという。1番人気はやはり焼き餃子。「マンドゥ」と呼ばれる蒸し餃子が一般的に食べられる韓国で、日本式の焼き餃子を販売するにあたり、餃子の皮や具をつくる自社工場を韓国に設け、日本同様に手包みにこだわるなど、品質にこだわった。
その次に、韓国での日本式ラーメンのブームに乗っかり、トンコツラーメンが人気を集める。ご飯系では、ふわとろ卵が印象的な天津飯が人気だとか。
一方、皿うどん、中華丼といった、日本ならではの発展をした中華料理は、韓国では認知度が低く、これからだという。...続きを読む

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る 2012年5月8日のコネタ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース