bit

レジ袋をお湯で煮たら? 素朴な疑問から生まれたブランド「PE」

「コンビニのレジ袋をお湯で煮たらどうなるんやろ!?」
そんな疑問から生まれたユニークなプロダクトシリーズがある。その名も「PE(ペ)」

無駄をそぎ落としたシンプルなデザインながら、独特の素材感が目を引く。なんと素材はゴミ袋やレジ袋として日常でよく手にしているポリエチレン。ブランド名の「PE」も、ポリエチレンの材料略表記 「PE(ピー・イー)」をローマ字表記に読みかえたものだ。

ブランドを手がけているのは、京都を拠点に活動しているクラフトブランド「PULL+PUSH PRODUCTS.(プルプッシュプロダクト)」。同ブランドのクラフトデザイナー佐藤延弘さんによれば、冒頭の疑問がブランド立ち上げのきっかけになったそう。
「実際にレジ袋を熱湯に入れてみました。器を作ろうと思い、レジ袋を茶こしに挟んで煮え立ったお鍋に入れたのですが、柔らかくなっただけで溶けず、失敗でした」
その後もドライヤーやろうそく、電子レンジなどさまざまな方法を試すなかで、電気アイロンが使えることを発見。
「熱でできた縮みやシワ、凹凸がまるで生き物のようでした。とにかく、すごくよい感じだったので、なにかこの質感を生かした製品を作りたいと強く思ったのです」
2006年から開発をはじめ、イベントや展示会での販売を経て、2010年に商品化した。

素材はおもに45リットルのカラーポリ袋を使用。電気アイロンの熱でゆっくり溶かしながら、アイテムの用途に適した厚さまで重ねあわせて生地を完成させる。フィルムの重なりは最大で64層もあり、フィルムの層に閉じ込められた空気がクッションとなって、弾力のある軽くしなやかな生地に仕上がるのだという。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コネタニュースランキング

コネタランキングをもっと見る
お買いものリンク