bit

15歳以下入店不可のおもちゃカフェ

15歳以下入店不可のおもちゃカフェ
『KUBANA』というドイツのおもちゃ。立体の“四目並べ”だ。
我ながらカフェに行くことが多いのだが、その目的が自分でもわからない。きっと雰囲気を楽しみに行ってるんだと思う。そこに流れる、まったりとした時間が好きで。
しかし、そこには必要な物がある。いいお茶、いい椅子、いいテーブル、いいコーヒーカップ……。全てが、雰囲気を形成するかけがえのないアイテムではないだろうか。

そして、この店には“いいおもちゃ”がある。東京都台東区(商業施設「2k540」内)に居を構える「TOIQUE(トイーク)」は、“15歳以下入店不可のおもちゃカフェ”。おもちゃカフェ自体は他でも聞いたことがあるが、ここは15歳以下の入店が禁止されているらしい。
それにしても、どうしてこのようなルールが設定されている? 同カフェ代表の清水さんにお話を伺った。
「今、おもちゃ屋さんは多いですが、大人がじっくり遊べる場所がないんですね。一方、今までは大人向けの場所だった居酒屋やバーに子連れのお客さんが入ってきているという状況があります。だったら逆を作っても……と、考えました」(清水さん)

あと、もう一つ。清水さんには「おもちゃを大人に知ってもらいたい」という思いがある。
「特に日本では『おもちゃは子どものもの』という考えが色濃いですが、おもちゃは本来“子どもから遊べるもの”で、大人が遊んでもいいんです」(清水さん)
親がおもちゃに興味を持ち、それを我が子に買い与える。そしたら、子どもがおもちゃに飽きてポイッと放り捨てたとしても、親がそのおもちゃを手に取って遊ぶ姿を見せつければ大丈夫。子どもは親を見て「楽しそうだな」と、一度捨てたおもちゃに再び食いつくと思うのだ。...続きを読む

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る 2012年6月13日のコネタ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース