bit

伝説の消しゴム版画家・ナンシー関って何者?

       
「消しゴム版画家」を名乗る一人の女性がいた。消しゴムを彫りハンコにするその女性は、かつてテレビ業界を中心に大きな影響を与えていたことがあり、今や伝説的でさえある。

その人の名はナンシー関。30代より上の世代なら必ず一度は彼女の作品を目にしたことがあるだろう。しかし超売れっ子だった今から10年前、2002年6月12日に虚血性心不全のため39歳で早世してしまう。

しかしなぜ消しゴム版画家がテレビ業界に影響力を持ち、伝説にまでなっているのか。

「消しゴム版画家を名乗っていましたが、やはりコラムを抜きに彼女を語ることはできないと思います」

そう語るのは没後10年を機に今月『評伝 ナンシー関「心に一人のナンシーを」』を上梓したジャーナリストの横田増生さんだ。アマゾン・ドットコムユニクロに関するルポタージュでも名高い横田さんは続ける。

「山藤章二さんの『コラムニストとして100点。それに消しゴム版画を加えて120点。さらに横に添える一言で130点』という言葉が一番よく言い表しているのではないでしょうか」

「でも『コラムニスト』というと大上段でエラそうで嫌だったのでしょう。サブカル的な自意識からか終始肩書きは『消しゴム版画家』で通していました」

コラムニストとしてのナンシーさんはテレビ評論を主戦場とし、肩の力が抜けていながらも鋭く辛口なコラムで絶大な人気を博した。

「当代最高のコラムニスト」(坪内祐三さん:「テレビ消灯時間 リミックス」解説)

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュース

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2012年6月23日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。