review

さぁ、劇場版の時間だ!〈「モーレツ宇宙海賊」佐藤竜雄監督に更に聞く2〉

さぁ、劇場版の時間だ!〈「モーレツ宇宙海賊」佐藤竜雄監督に更に聞く2〉
すでに、劇場版「モーレツ宇宙海賊」の制作作業をスタートさせている佐藤竜雄監督。「劇場版制作が発表されたことで、初めて興味を持ってもらえた方も多いと思うんです。今でも、「モーレツ?」って方はいるだろうし(笑)。最終話は放送されましたが、もう終わった作品ではなく、むしろこれからの作品という思いが強いので、ぜひ今からでも見て欲しいです。DVDも1話からレンタルもされていますし。ずっと見て下さった方にも、繰り返し見てもらえる作品になってると思いますので。ぜひ何度でも、お願いします」
ついに最終話が放送された人気TVアニメ「モーレツ宇宙海賊」。しかし、加藤茉莉香船長と宇宙海賊船・弁天丸の冒険はまだまだ終わりません。最終回のエンドカードで告知されたとおり、なんと、劇場版の制作が決定! 佐藤竜雄監督への2度目のインタビュー後編では、最終回の話題とともに、劇場版の最新情報も伺いました。
前編はこちら)

――茉莉香たちとクォーツの関係を、プロレスラーと総合格闘家に例えたお話の続きですが。総合格闘家にケンカを売られたプロレスラーたちが、反撃をするという感じなのですね。
佐藤 はい。そこで、プロレスラーと総合の選手がガチで戦って。最後は、プロレスラーがプロレス技で勝つ、という話です。昔で言うと、新日本プロレスとUWFインターの対抗戦で、武藤敬司が高田延彦に勝った試合ですね(笑)。フィニッシュが、ドラゴンスクリューからの4の字固めですから。
――ベタベタなプロレス技ですね。
佐藤 そうそう。あと、ちょっと前の映画ですが、ミッキー・ロークの「レスラー」という、ベテランレスラーの悲哀を描いた作品があるんです。周りに八百長とかインチキとか言われても、あくまでも自分が好きなプロレス道を押し通すという話で。そのイメージもありました。ショーだ営業だと揶揄されていても、私掠船免状を持っている海賊たちは、誇りを抱いて仕事をしている。どんな職業であれ、誇りを持ってやっている人間がいる以上、その仕事は悪いもんじゃない。それに対して侮辱をすると、人はいかに痛いしっぺ返しをくらうか、という話。そのあたり、僕のここ数年のいろいろな思いも入っています(笑)。...続きを読む

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る 2012年7月2日のレビュー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース