review

ボルトが速いのは「黒人」だから? 身体能力の差は肌の色によるのか

ボルトが速いのは「黒人」だから? 身体能力の差は肌の色によるのか
『人種とスポーツ』~黒人は本当に「速く」「強い」のか~(川島浩平著/中公新書)<br />身体能力は人種によって違うのか――。五輪などの歴史を辿りつつ、最新の科学的知見を交え、身体能力と先天性の問題を明らかにする。
世界一速い男は、やっぱりウサイン・ボルト。9秒63のオリンピックレコードで、圧巻の2大会連続の金メダルを成し遂げた。
自身の持つ9秒58の世界記録には及ばなかったものの、圧倒的なスピードで人類の「最高到達点」を見事に表現してくれたボルト。誰もなし得ない「人類の高みの記録」と捉えれば、「より速く、より高く、より強く」というオリンピックモットーをこれほど端的に示してくれる競技もなく、まさに陸上男子100Mは五輪の華である、ということを再認識させてくれた。

ロンドン五輪はいよいよ後半戦に入り、注目競技も競泳から陸上へと舞台が移ってきた。競泳ではなかなか活躍シーンが見られないのに、陸上競技になると一転、黒人選手の活躍が目立ってくる。陸上100M決勝だけでなく、同日行われた女子マラソンでも、エチオピアのティキ・ゲラナ選手、ケニアのプリスカ・ジェプトゥー選手のデットヒートが最期まで注目を集めた。前日に行われた女子100M決勝では男子同様ジャマイカのシェリーアン・フレーザープライス選手が北京に次ぐ連覇を果たし、男子100M決勝に出場した8人は全て黒人選手である。それどころか、ここ30年の男子100M決勝でスタートラインに立った選手64人、すべてが黒人なのだ。
「黒人選手とスポーツ能力」……五輪や世界レベルの大会のたびに話題にのぼるテーマだ。時に驚嘆すべき事実として、時に日本人選手が勝てない免罪符として語られるこの話題について、古今東西の様々な文献・研究論文を元に解説・検証した本が話題を集めている。オリンピックの今こそ読んでおいきたい書籍として、川島浩平著...続きを読む

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る 2012年8月6日のレビュー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース