review

首相公邸で魚を干す。カツカレーだけじゃない、自民党総裁びっくり食列伝

首相公邸で魚を干す。カツカレーだけじゃない、自民党総裁びっくり食列伝
『中曽根康弘句集 新版』北溟社<br />水泳や坐禅など趣味も多い中曽根はまた俳句も詠み、句集まで出している。その作品のひとつに「したたかと言われて久し栗をむく」という句がある。そんな彼は栗きんとんが好物だったりする。
もはや話題のピークもすぎ、旧聞となりつつある「3500円のカツカレー」(もっとも、その火元とされる大阪のテレビ番組を確認したところ、「普通のカレーが3500円、カツをつけると特別オーダーでもっと高くなる」と伝えられていたのですが)。去る9月26日の自民党総裁選の直前、ホテルに集まった安倍晋三候補の陣営でゲン担ぎで食べられたということから話題になったものです。しかしその後、ほかの候補も選挙前にカツカレーあるいはカツ丼を食べていたことが報じられていました。

その値段はともかく、自民党の政治家たちとカレーには結構深くて長い関係があったりします。カレーにかぎらず、歴代の党総裁・首相の食べ物にまつわるエピソードを探してみると、思いがけない人柄や思惑が見出せたりしてなかなか興味深いです。ここでちょっと振り返ってみましょう。

■池田勇人とライスカレー
いまではそう呼ぶ人は少ないですが、カレーライスはライスカレーとも呼ばれていました。1960年代、ライスカレーは政治家が庶民派アピールをするのに格好のメニューであったようです。

1960年、日米新安保条約の成立後、自民党総裁および首相の岸信介(安倍さんの母方のおじいさんですね)が退陣します。岸が同条約の成立にあたり強引な議会運営を辞さなかったのに対し、後任の池田勇人は「低姿勢」というスタイルを打ち出します。そのあらわれのひとつが、ライスカレーを食べながらの会合でした。池田は同時に、まだ一般国民には縁遠かったゴルフや、芸者のいる待合茶屋に行くのもやめています。政治家の密談の場になりがちなこれらを遠ざけ、話し合いの場をライスカレーの昼食会へと改めることで、開かれた政権をアピールするという思惑もあったのでしょう。

あわせて読みたい

  • 渡辺謙主演、坂元裕二脚本で描く吉田茂、NHKドラマ「負けて、勝つ」

    渡辺謙主演、坂元裕二脚本で描く吉田茂、NHKドラマ「負けて、勝つ」

  • ラーメンは民主主義のメタファーなのか?『ラーメンと愛国』

    ラーメンは民主主義のメタファーなのか?『ラーメンと愛国』

  • 自民党、ソニー、向田邦子……人物でたどる戦後史~エキレビ!推薦■夏の文庫本ベスト5読んでしゅぽ!

    自民党、ソニー、向田邦子……人物でたどる戦後史~エキレビ!推薦■夏の文庫本ベスト5読んでしゅぽ!

  • 混ぜて食べないと哀しみます『銀座ナイルレストラン物語』

    混ぜて食べないと哀しみます『銀座ナイルレストラン物語』

  • レビューの記事をもっと見る 2012年10月2日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース