bit

“水に浮く椅子”はライフジャケット代わりになる

“水に浮く椅子”はライフジャケット代わりになる
ポップだし、頑丈だし、座椅子になるし、ライフジャケットにもなる。
以前、「防災頭巾になるエコバッグ」という記事を書いたことがある。底部分にヘルメットで使われる緩衝剤が入っており、頭から被ることで災害から身を守るエコバッグについてのリポートだった。
いざとなったら、身近な物が防災用品に早変わり。これって、凄く良くないですか? 普段の生活における安心感が違うもの!

そして、今度はこちらのアイテムのご紹介を。家具の製造・卸販売を行っている「株式会社ミトノ」が開発した『PUT On Stool‐Float』は、言わば“水に浮く椅子”であります。
画像をご覧いただければおわかりの通り、普段は凄くポップで可愛らしい椅子。しかし水害が起こった際は、まるで椅子らしくない機能を発揮! 水に浮くということは、要するにライフジャケットの役割を果たすということなんです。
「東日本大震災を教訓として、私達が製造する椅子に防災機能を付けることを考案しました」(同社・杉浦社長)

でも、どうして水に浮くのだろう? とても浮くとは思えない重さが、椅子にはあるはずじゃない。
どうやら、秘密は素材にあるようです。座る部分の裏側には、水泳の練習で使う「ビート板」と同じ発砲素材を採用。これに捕まればライフジャケットになる。しかも、その浮力は8.0kgだというから安心です。

もう一つ。災害時に椅子を頭から被れば、ヘルメットとなって落下物から身を守ってくれます。座る部分には強度を持たせた木の板が使われており、直径110mm、重量約5kgの鉄球を用いた実証実験では、上方1メートルからの落下も衝撃吸収したそう。頭と座る部分の間にある発泡材はクッション代わりになるし、質量は女性や子供でも楽々と持ち上げられる3.4kgに。これは、安心して被れるな……。

あわせて読みたい

  • 選ぶのも楽しいスタイリッシュな「防災グッズ」

    選ぶのも楽しいスタイリッシュな「防災グッズ」

  • 本屋に並ぶ防災グッズには何が入ってる?

    本屋に並ぶ防災グッズには何が入ってる?

  • 災害時、ボートに早変わりするベンチやソファー

    災害時、ボートに早変わりするベンチやソファー

  • コネタの記事をもっと見る 2012年10月8日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。