前編はこちら

話題作『神様のカルテ3』の作者にインタビュー、前篇では主に作家の背景とデビューの経緯についてお聞きしました。後篇では〈神様のカルテ〉シリーズ化の苦労についてより深くうかがってみます。あの話題も出ますよ。

ーーたぶんお忙しいだろうと思っていましたので、1年以内に2巻を書かれたのには失礼ながらびっくりしました。
夏川 1つ上の先生が「おまえが次に1冊書くか、俺が論文を書くのが早いか競争だ」と言ってくれました。ずっと指導をしてくれた先生だったんですけど、その先輩が「2冊目までかけたらもうそれは一発屋じゃない」って言ってくれたんです。とりあえず2巻までは時間はあまり置かないほうがいいだろうから、全力で書いてみようと。そこは努力をしたところだったかもしれないです。はじめて書くのがつらいなと思いましたね。
ーーそこから楽しみだったのが「お仕事」になったんですね(笑)。
夏川 でもやっぱり書いている時間は楽しいですね。ただ、そのぶん医業にもより力を注ぐようにしました。医師としての仕事がおろそかになって小説だけを書いていたら、何を言われてもしょうがない。診療し、論文もちゃんと書きながら2巻を書くというやり方を崩さないようにしました。同じ現場で、小説にウェイトを置くような働き方をする医師がいることは、きっと周りに悪影響を与えると思うんです。みんな必死になって働いているところなので、そういう中途半端なことはできない。「両立ができないなら小説を書いちゃいけないんだ」と思って必死でしたね。