鳥みたいなおしゃべりロボットペット「ファービー」の新型がついに発売され、日本にも再上陸した!

1998年、初代たまごっちブームが落ち着いた頃「初代ファービー」は最初の日本上陸を果たし、僕らを感動させてくれた。体のさまざまな場所に埋め込まれたタッチセンサー、どんどん言葉や歌を覚えていく知性!あの感動が、ふたたび!

それぐらい興奮するファンも日本には多いはずだ。なにせ初代は世界で4000万台も売れたというんだから、持っていた人も多いはず。今回も、ももいろクローバーZをイメージキャラクターにして大々的に宣伝している新型ファービー。まず先に価格を言うと、定価7140円、amazonだと発売日現在6000円ほどだ。

性能というか、味わえる楽しみは「この価格ではあり得ないほどボリューム満点」。次々紹介していこう。

旧型から大きく進化したのは「目」だ。今までのファービーはマブタやクチバシの開閉や耳などが動いたが、今回はそれに加えて、両目がバックライト付き液晶画面になっていてアニメーションする。育った性格によってハート形や音符形になったり、酩酊状態や通信中のマークを表示したり、まさにディスプレイになってる。

そしてアプリ連動!iPhoneなどにインストールしたファービー用の無料アプリを使うと、ファービーに食事をやったり、ファービーがしゃべっている言葉を瞬時に翻訳して表示させることが出来る。

「ふれあっていくうちにに性格がかわるよ、たくさんかわいがってね!」