review

死んだその日がピークだった。荒木伸吾回顧展『瞳と魂』2

死んだその日がピークだった。荒木伸吾回顧展『瞳と魂』2
荒木伸吾(あらき・しんご)<br />1939年1月1日-2011年12月1日。愛知県名古屋市出身。アニメーター。幼少の頃から画才に恵まれ、戦時中はクラスメイトに零戦の絵をねだられ描いたという。1955年に貸本劇画誌「街」の新人コンクールで入賞し、漫画家デビュー。1964年にアニメーターへ転身。「あしたのジョー」(1970)、「キューティハニー」(1973)、「バビル2世」(1973)、「ベルサイユのばら」(1979)、「聖闘士星矢」(1986)など代表作多数。2011年12月1日、循環器不全により没。死のその日まで、描き続けた。<br /><br /><br />・荒木伸吾回顧展『瞳と魂』<br />会場:3331 Arts Chiyoda B104<br />会期:2012年11月14日(水)〜2012年12月10日(月)<br />開催時間:12:00〜19:00(※木曜日は21時まで。最終入場時間は閉館の30分前)<br />料金:無料<br />住所:〒101-0021 東京都千代田区外神田6丁目11-14<br />※休館日:火曜日
前編はコチラ

荒木伸吾はアニメーターとして活動をはじめる前、貸本劇画で作品を発表していた。1958年発売の貸本店向けスリラー短編誌『街』に掲載された「嵐と狂人」でデビュー。以降10年間執筆を続け、その作品数は50に迫る。これらの一部は荒木伸吾回顧展『瞳と魂』にも展示されている。そして、2010年。45年ぶりの新作「Sourire」(スーリール)を書き始める(第一話はで読めます)。死のその日まで描き続け、荒木伸吾の集大成とも言える『遺作漫画本「SOURIRE D’ENFANCE」』は、「図録『荒木伸吾1939-2011 瞳と魂』」とともに回顧展物販の目玉でもある。


朝昼晩、ウチで食べてました

――漫画はずっとご自宅で描かれていたんですか?
荒木  もう、どこにいても描く人だったから、家中散らかってました(笑)。それに、どんな紙にも描いちゃうんですよ。
――展示にもありますね。銀行のメモ帳にまで描いてる。
荒木  そうそう。それじゃよくないと思い、漫画家さんがつかっているような画材を調べて、Amazonで画材を注文して送るようにしたんです。そうしたら、「あれがいい」「もっと送ってくれ」ってどんどん言ってくる(笑)。
――アニメーターってずっと仕事場で作業をしていて、ほとんど家に帰らないイメージがあります。
荒木  全然そんなことないんですよ。仕事場と家を自転車で往復していて、毎日、朝昼晩、ウチでご飯を食べてました。父が家にいるのは、すごく自然なことでしたね。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2012年11月28日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。