bit

皮まで食べられる! 話題の「レモン鍋」を作ってみた

皮まで食べられる! 話題の「レモン鍋」を作ってみた
レモンたっぷり! レモン鍋
寒くなると、食べたくなるのが鍋。最近はユニークなスタイルの鍋もあれこれ生まれているが、今年は「レモン鍋」が話題になっている。都内にはレモン鍋を提供する店が登場し、テレビなどでもレモン鍋が特集されているから、気になっている人もいるのでは?

レモンといえば、ドレッシングに使われたり、から揚げに添えられていたり、どちらかといえば料理の世界ではわき役のイメージ。そのレモンがなぜ、鍋の主役に躍り出たのだろうか?

理由のひとつは、国産レモンは今が旬だから。そう聞くと、意外に思う人も多いかもしれない。それもそのはず、現在、国内で流通しているレモンの9割は海外からの輸入品。さらに国産レモンも技術の進歩によって1年中出荷されているが、実は露地物の旬は秋から冬にかけてなのだ。

国内レモンの生産量はここ数年で急増しており、国内シェアの約6割は広島産。広島産のレモンは通称「瀬戸内 広島レモン」とよばれ、10~12月ごろは果皮が緑色で珍しい「グリーンレモン」、1~3月ごろは果皮が黄色い「イエローレモン」の収穫時期にあたる。

レモンには、ビタミンCやレモンポリフェノールなど栄養が多いので、昨今のヘルシー志向にもマッチするのだろう。ただし、レモンの栄養素が多いのは果肉(果汁)よりもむしろ皮。これまで皮は捨てるものだと思っていた人も多いのでは?

たしかに輸入レモンには基本的に防カビ剤が使われているので、皮まで食べるにはふさわしくないが、国産レモンなら皮まで食べても安心。実際、広島のレモン農家の方はレモンを皮ごと食べており、鍋だけでなく、「レモンとサーモンのマリネ」「サツマイモのレモン煮」「鶏肉のレモン煮」「レモンパイ」など、実にアイディア豊かに使っている。ちなみに広島には防カビ剤を使わないうえ、化学合成農薬や化学合成肥料を通常の5割減で栽培した「エコレモン」もある。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2012年12月3日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。