review

みんなが「これはやばい」って言ってたのは「ひだまりスケッチ×ハニカム」阿澄佳奈×高橋祐馬1

みんなが「これはやばい」って言ってたのは「ひだまりスケッチ×ハニカム」阿澄佳奈×高橋祐馬1
●あすみ・かな/福岡県出身。81プロデュース所属。ニックネームは「あすみん」「アスミス」。2007年に「ひだまりスケッチ」(ゆの)で初の主人公を演じて以降、数々の作品でヒロインを好演。主な代表作に、「うみものがたり 〜あなたがいてくれたコト〜」(マリン)、「WORKING'!!」(種島ぽぷら)、「這いよれ! ニャル子さん」(ニャル子)、「武装神姫」(アン)など。<br />●たかはし・ゆうま/神奈川県出身。ニックネームは「ゆま」。2004年、アニプレックスに入社。2006年から宣伝担当となり、「ひだまりスケッチ」で初めてメインの宣伝プロデューサーに。その後も、「劇場版 空の境界」、「化物語」、「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」など、数多くの大ヒット作で宣伝プロデューサーを担当している。
美術科で有名なやまぶき高校の目の前にある、2階建て6部屋だけの小さなアパート「ひだまり荘」。そこで暮らす女の子たちの日常を描いた『ひだまりスケッチ』は、「魔法少女まどか☆マギカ」のキャラクター原案でも知られるマンガ家、蒼樹うめ先生のデビュー作。近年の萌え4コマ漫画ブームを牽引してきた作品のひとつです。
2007年には、新房昭之監督&シャフトによりテレビアニメ化され、さらにファン層を拡大。その後も、2期の「ひだまりスケッチ×365」、3期の「ひだまりスケッチ×☆☆☆(ほしみっつ)」とシリーズを重ね、今年の10月からは4期「ひだまりスケッチ×ハニカム」が放送されています。
また、主人公の「ゆの」を演じる阿澄佳奈さんがパーソナリティを務めるWEBラジオ「ひだまりラジオ」や、イベントの「ひだまつり」は、まったり癒し系の原作やアニメの作風とはひと味違う、自由奔放な方向性で大人気。SME乃木坂ビルからスタートした「ひだまつり」は、横浜BLITZ、東京厚生年金会館、パシフィコ横浜とスケールアップし、2013年の3月3日に開催される「超ひだまつり第4弾」では、ついに日本武道館へ進出します!
そこで、阿澄さんと、イベントやラジオの仕掛け人でもある「ゆま」さんこと宣伝プロデューサーの高橋祐馬さんにインタビュー。放送中の「ひだまりスケッチ×ハニカム」の話はもちろん、「ひだまり」と歩んできた約6年間や、ひだまり史上最強最大のイベントとなる「超ひだまつり第4弾」についても語って頂きました。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「漫画」のニュース

次に読みたい関連記事「漫画」のニュースをもっと見る

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2012年12月6日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。