review

やればできる。この言葉ほど危険なものはない。野村克也の人生論

やればできる。この言葉ほど危険なものはない。野村克也の人生論
『この一球 ~野村克也の人生論~』(野村克也/海竜社)<br />「この一球」に真剣に取り組んではじめて、野球の楽しさ、人生の楽しさを得られる……野村克也の野球人生において多くの教訓を残した様々な「この一球」。
今年も様々な記録・偉業が達成されたプロ野球。
なかでも宮本慎也、稲葉篤紀の2000本安打達成など、長くチームと球界を支えてきたベテラン・いぶし銀の活躍が多かった印象がある。

若手のがむしゃらなプレーが生み出す奇跡的な展開や失敗の数々を見るのも楽しいけれど、ベテラン選手の老獪なプレー、そして経験に裏打ちされた言葉の数々は、噛みしめるほど味わい深い。

でも、この人の元気な姿を見ると、40代に入ったばかりの宮本、稲葉はまだまだこれから、とも思ってしまう。
野村克也・御年77歳。

いやいや、選手でも監督でもないでしょ、と言われてしまいそうだが、球界で最もメディア露出が激しいのは間違いなくノムさんだ。
おなじみのボヤキ節、野村名言の数々が球界に与える影響力、効果のほどは計り知れないものがある。
そして活躍のフィールドはテレビやラジオの解説業ばかりではない。何よりも驚かされるのはその著作の多さ。
これまでにも『野村再生工場』や『野村ノート』など数々のベストセラーを生み出してきたノムさんだが、今年の刊行ペースはちょっと尋常じゃない。
2012年、1年間でノムさんが上梓した書籍は、共著も含めれば何と10冊!
ノムさんの今年の本だけで打順が組めてしまうレベルだ。

これだけあると、どこから手をつければいいのか正直悩んでしまう。とりあえず、どれから読めばいいの?という方に私が推薦したいのが『この一球 ~野村克也の人生論~』だ。

あわせて読みたい

  • 江夏の21球は14球だった!? 二宮清純『プロ野球「衝撃の昭和史」』

    江夏の21球は14球だった!? 二宮清純『プロ野球「衝撃の昭和史」』

  • ここまで話すときというのは、もう、遺言のつもりやからな『伝説のプロ野球選手に会いに行く』

    ここまで話すときというのは、もう、遺言のつもりやからな『伝説のプロ野球選手に会いに行く』

  • 日本シリーズ激闘中、栗山監督の覚悟

    日本シリーズ激闘中、栗山監督の覚悟

  • 驚きのドラフト指名予想。雑誌「野球太郎」がだいぶおかしい

    驚きのドラフト指名予想。雑誌「野球太郎」がだいぶおかしい

  • レビューの記事をもっと見る 2012年12月25日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。