review

クビを宣告された男達の人生。プロ野球の光と影『戦力外通告』

クビを宣告された男達の人生。プロ野球の光と影『戦力外通告』
『戦力外通告 第2の人生を生き抜く男たち』(遠藤宏一郎・TBSテレビ「バース・デイ」取材班 /朝日新聞出版)<br />10年の歴史を誇る同名番組から7人の選手をピックアップ。オリジナル取材を試みて新しい知られざるエピソードを引きだした1冊。
阿部、内海、長野、坂本、澤村……。
巨人軍グアム合同自主トレの模様が連日報道されている。
昨年、日本一に輝いたGナイン。軒並み年俸も上がり、多くのメンバーがWBC代表候補にも選ばれ、年末年始の特番から続けてテレビで見ない日はない。

華々しいプロ野球の世界。でもそれは、ある一面でしかない。
プロ野球選手の平均選手寿命は約9年、平均引退年齢は約29歳。ほとんどの選手は毎年「クビ」を恐れながらプレーし、若くして挫折を味わい、実際100人を超える選手たちが毎年球界を去らなければならない現状がある。そんな光と影のコントラストこそ、プロ野球の醍醐味のひとつとも言える。

そんな「影」の象徴ともいうべきあの番組が、年の瀬も押し迫った12月26日、1年ぶりに放映された。
「プロ野球戦力外通告・クビを宣告された男達」
タイトル通り、戦力外通告を受けた選手、そしてその家族の奮闘、新たな旅立ちへの道程を追いかけたドキュメンタリー。2004年以降、毎年TBS系列で放送され、もはや年末の風物詩ともいえる番組だ。
今回も、12球団105人の戦力外通告者の中から、元・千葉ロッテの松本幸大、元・楽天の中村真人、そして木下達夫(元・ヤクルト)、古木克明(元・横浜)、G.G.佐藤(元・埼玉西武)の5人について、選手本人と家族の葛藤が描かれていた。

そして今回、番組放映にあわせて4年ぶりの書籍版『戦力外通告 第2の人生を生き抜く男たち』も刊行された。

あわせて読みたい

  • 「この命が果てる時だ」落合博満、栗山秀樹、そして江川卓……『プロ野球 最期の言葉』

    「この命が果てる時だ」落合博満、栗山秀樹、そして江川卓……『プロ野球 最期の言葉』

  • ここまで話すときというのは、もう、遺言のつもりやからな『伝説のプロ野球選手に会いに行く』

    ここまで話すときというのは、もう、遺言のつもりやからな『伝説のプロ野球選手に会いに行く』

  • やればできる。この言葉ほど危険なものはない。野村克也の人生論

    やればできる。この言葉ほど危険なものはない。野村克也の人生論

  • 驚きのドラフト指名予想。雑誌「野球太郎」がだいぶおかしい

    驚きのドラフト指名予想。雑誌「野球太郎」がだいぶおかしい

  • レビューの記事をもっと見る 2013年1月10日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース