bit

お国柄が表れる? 海外ナース事情

海外生活中にお世話になることもある病院、そしてナース。白衣の天使とも言われるナースにもお国柄が出るようだ。

■ ナイチンゲールの国のナース

イギリスでは、ホームドクター(かかりつけ医を登録し、いつも同じ医者にみてもらう)制度が整っており、病院よりもホームドクターと一緒に仕事をしているナースの方が評判が良い。かかりつけ医だからか、ドクターともどもアットホームな雰囲気で、病気だけでなく生活習慣にいたるアドバイスをくれるなどフレンドリーに話をしてくれるのだ。そのためドクターとナースの距離が近く感じる患者も少なくない。

そんな雰囲気作りの一環か、何か検査をしても「大丈夫よ!」「結果はきっとクリアーよ」というナースの声かけで、検査結果を待つ間気持ちがかなり楽になったと在住の友人。私自身、イギリスで初めて婦人科の検査をした時、ドクター問診よりナースの説明の方が印象に残っている。自ら「こんなポーズよ」とモデルになってくれて、親しみやすい看護師であることへの徹底を感じた。ナイチンゲールの精神が通じているのかも。

■ ラテンの国のナースいろいろ

ラテンのルーマニアやイタリアでも、検査結果については「大丈夫、問題ないと思う!」と自信たっぷりに言われることが多い。あれこれ考えすぎても仕方が無い、ならば今は考えない!それで患者も不安にならないなら、これもナーステクニック!

ルーマニア:ナースや女医さんもだが白衣はミニスカートが多い。さすがに手術室ではないけれど、派手なピアスをしていたり、額にサングラスをひっかけセクシーだったり。このような風紀を気にするのは私が日本人だからなのか…まぁ手際が良いなら良しとしよう。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コネタニュースランキング

コネタランキングをもっと見る
お買いものリンク