bit

今や「パーソナル家紋」の時代。「パ紋」開発者の原田専門家さんにインタビュー

家紋ならぬ「パーソナル家紋」が人気だ。ツイッターやフェイスブック、LINEなど、「1億総アイコン時代」において、いわばオリジナルの家紋を作る人が増えている。そんなパーソナルな家紋、略して「パ紋」の開発者の原田専門家さんにお話を伺った。

――「パ紋」(パーソナル家紋)を作ろうと思ったきっかけは?
「僕は元々、芸人志望で、大阪のNSC(吉本総合芸能学院)の11期生でした。(※同期は陣内智則さん、ケンドーコバヤシさん、中川家、たむらけんじさん等) NSC卒業後は、芸人活動の傍ら、劇場に出演する芸人が使用するアイコン(マーク)や、番組で使用するタイトルロゴ等を作ってたんです。作っているうちに、ふと、芸人のコンビ名のアイコンを個人にも作っていこうと思ったのがきっかけですね。個人的(パーソナル)な家紋なので“パ紋”としました」

現在もデザイナー・映像作家として活躍中で、陣内智則さんなど、芸人さんが舞台で使用する映像やテレビ番組の演出・編集等も出がけている。

パ紋は、メールやツイッターなどで注文を受け付けて作成。
「好きなものをいくつか挙げてもらって、それと相手の名前をヒントにデザインを考えます」

――原田さんが作ったパ紋は、現在は何種類ですか?
「706種類です。2年間ぐらいで作りました」(2013年2月16日現在)」
――706種類!!デザインのネタが尽きたりしません?
「例えば、麺類の好きな人が多かったりすると、モチーフがかぶったりすることはありますが、それ以外の好きなものがかぶらないので大丈夫です。ただし、以前、小栗旬さんのファンの方からの申し込みがあって、その人に合ったパ紋を作ったら、それを他の小栗さんのファンの皆さんがツイッターで見たらしく『私も』『私も~』っていう感じで、小栗さんファンからの要望が続いたことがありました(笑)。その時は、出演してらっしゃるドラマとか、舞台とか、いろんなイメージを元に作りましたね。普段知らない事や調べない事を調べるので僕自身、勉強にもなります」

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュースランキング

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク