review

ガラスの天才投手、伊藤智仁の悲劇『マウンドに散った天才投手』

「伊藤智仁を見ると、なぜか切なくなる」

松永多佳倫著『マウンドに散った天才投手』は、伊藤智仁をはじめ、プロ野球史に一瞬の閃光のように輝いた投手7人へのインタビューと周辺取材でその軌跡を辿ったノンフィクションだ。

史上最高のスライダーを操ったガラスの天才投手・伊藤智仁(元ヤクルト)。
デビュー戦ノーヒッターの偉業を果たした「江夏二世」・近藤真市(元中日)。
サウスポー日本記録155キロ・石井弘寿(元ヤクルト)。
脳腫瘍から生還を果たした奇跡のリリーバー・盛田幸妃(元近鉄)、etc.

ちょっと大げさに思えてくる形容詞の数々が決してブラフではない、野球ファンの記憶に深い爪痕を残した投手ばかり。
名球会入りできるような記録や偉業を達成した選手は一人もいないが、冒頭の言葉通り、誰もが「切なくなる」エピソードを携えている。本書は、一時代を築きながらもその後に故障に悩まされた元投手たちの、逆境に立ち向かう生き様・再生力を描くことをテーマに展開されていく。

ある者は運命を受け入れ、ある者は未練たらたらに当時を振り返る。

「故障していなかったらどこまでできたんだろうと、いまだに思うことがあります。今中が十代で10勝してドラゴンズでは何十年ぶりと言われましたけど、俺だってできたんじゃねーのかって」(近藤真市)
「未練があるのかなと思われるのも嫌なので口にはあまりしませんが、想像したことはあります。メジャーに言ってたら自分はどこまで活躍できたのかなと」(石井弘寿)
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る
お買いものリンク