bit

大事な箇所をマーカーで隠し、スマホを見て暗記する

試験前になると、どんな時間も惜しい。トイレに入りながら、ご飯を食べながら、ベッドで横になりながら、あらゆるシチュエーションで参考書を凝視。僅かな時間でも、頭に叩き込みたかったから。

そして貴重な勉強時間の一つに、通学電車が挙げられると思う。あれ、意外と活用できるんですよねぇ。
ただ、ギュウギュウの満員電車でテキストを持っているのは大変。「こんな状況で何を……」と、周りの人からの印象も良くない気がする。

そこで、この新技術をオススメしたい。ナカバヤシ株式会社が開発した『スマレコマーカー』は、スマートフォンの撮影機能を利用したデジタル連動型の暗記学習ツールであります。

使い方についてだが、これはまさにデジタルとアナログの融合! まず思い出していただきたいのだが、記憶したい箇所にマーカーで線を引き、上から赤いセロハンを被せ、その一文を消して暗記……って有効な勉強法じゃなかったでした?
考え方は、それと同様です。まずは、専用アプリ「smareco MARKER」(無料)をダウンロード。続いては、緑とオレンジの2色ラインが特徴の専用マーカーで記憶したい箇所に線を引く。そして、スマートフォンで撮影。
すると、アラ不思議。スマホがマーキングした箇所を認識し、その部分の表示・非表示を選択できるデジタル暗記帳が作成されているというのです。画面にタッチすれば「表示→非表示」が繰り返され、気軽に片手で操作できる。

そんな、このデジタル&アナログツールを開発したきっかけについて。なんと同社の開発担当者が偶然、睡眠中に見た“夢”の中でふとアイディアが湧き出したそうなのです。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コネタニュースランキング

コネタランキングをもっと見る
お買いものリンク