bit

火事や事故の画像をアップしたい、つぶやきたい心理について

火事や事故の画像をアップしたい、つぶやきたい心理について
人の多い都会では火事や事故に遭遇することも多いものです(写真はイメージです)。
火事や事故などがあると、野次馬が駆けつけるというのは、昔からよくあること。
でも、近年、不思議というか、不気味なのは、それをケータイやスマホで写真に撮って公開したり、ツイッターなどでつぶやいたりする人が多いことだ。

都内の山手線駅付近で火事があった際などは、現場を取り囲んでいた80%くらいの人が、ケータイで写真を撮っていたという話も聞いた。
単に「見たい」のでなく、画像をアップしたりつぶやいたりしたい心理って、いったい何なのだろうか。
「ゆうメンタルクリニック」総院長の、ゆうきゆう先生に聞いた。

「これは集団心理として大半の人が『自分の行動を認識していない』ままに、起こしている行動だと考えられます。そういった場面に遭遇した際、『その場で何をすべきか』というのが分からない人の方が多かったはずです」

火事や事故などの事件が起きたとき、ほとんどの人は無関係な「傍観者」であり、自分とは関係のないこととしてとらえているものだそう。
「そのため、助けを呼んだり、実際に自分が救助活動に携わったりする人は少なく、ほとんどの人がビックリしてただ見ているだけであることが多いのです」

「ただ見ている」段階では「無意識」であっても、「写真を撮ってアップする」時点で、そこにはやっぱりなんらかの意識が働いているように思うが……。
「数人がケータイで写メやつぶやきを行っているのを見ると、今度は『じゃあ自分もしよう』と周囲に合わせる形で行動してしまうものです。これは『みんながしているから』という理由ですが、最初に始めた人たちはおそらく、『コミュニケーションのきっかけ』として現場の写メやつぶやきを行っている可能性が高くなります」

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2013年4月22日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。