review

2000本安打達成。ラミレスの成功は準備力だった

2000本安打達成。ラミレスの成功は準備力だった
2000本安打を達成したラミちゃんこと、アレックス・ラミレス(横浜DeNAベイスターズ)。彼の生い立ちを知りたい場合は、自著『ラミ流』(中央公論新社)がオススメ。
ゲッツ! 名球会!!

「アイーン」「ラミ茶」「ゲッツ」など、様々なパフォーマンスで人気のラミちゃんこと、アレックス・ラミレス選手(横浜DeNAベイスターズ)が6日の試合で2000本安打を達成した。
外国人選手として初めての偉業であり、1695試合での達成は史上2番目の最速記録(1位は打撃の神様:川上哲治の1646試合)だ。ラミレスは他にも「9年連続150安打」(日本記録)、「右打者&外国人初の200本安打」、「史上初となる3球団(ヤクルト・巨人・横浜)での月間MVP受賞」など、これまで数多くの記録を打ち立てている。なぜラミレスは日本で成功したのか? その秘訣を自身の著書や過去のインタビューなどを振り返りながら探ってみたい。


【ラミレスを救ったアドバイス】
メジャーで4番を務めたこともあるラミレスが、そもそもなぜ日本にやってきたのか。
ラミレス自身、日本野球についての知識もイメージもなく、来日前の情報は、インディアンス時代の監督であり、ヤクルト・近鉄で活躍した「赤鬼」チャーリー・マニエルから聞いた話と、高倉健出演の映画「ミスター・ベースボール」の2つだけだったという。そんなラミレスが2001年にヤクルトに入団したわけだが、来日の目的はズバリ、ローン返済。

《僕はちょうど、前の年にフロリダに家を買ったばかりで、まだ月々のローンが残っていた。ついでに言うと、車2台のローンも(笑)。メジャーリーグの年俸では、払いきれなかったんだ。そこで僕は、うちの奥さんにこう切り出した。「日本のチームに誘われてるんだ。1年間、日本でプレーすれば、この家のローンも、車の残金も払えるよ」 だから、1年日本でやって、アメリカに戻ってくればいいんじゃないかってね》

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2013年4月8日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。