bit

フランス版・人間国宝による美しすぎる芸術品

フランス版・人間国宝による美しすぎる芸術品
ジェラール・デカン氏による彫金シリンダー「アーチ」
世界でもっとも観光客が訪れる国、フランス。2011年には8,140万人もが訪れ、観光業はフランス第1の産業分野になっている。花の都パリはもちろん、地方にも魅力は多く、日本人にも人気の旅先だ。そんなフランスだが、食に対する想いの強さなど、日本との共通点も少なくない。

先月、フランス観光開発機構が開催した「感動大国、フランス。」キャンペーン発表会において、クリスチアン・マセ駐日フランス大使が、「伝統やそれを継承していく人々など、無形の文化遺産を大切にしているところも、日本とフランスに共通しているところだと思う」とコメント。

たとえば、フランスには優れた工芸品の職人などに贈られる「メートル・ダール」という称号があるが、実はこれ、日本の人間国宝に触発されて制定されたものだ。

同発表会では、メートル・ダールの称号を得ているフランスの彫刻家、ジェラール・デカンさんが特別ゲストとして来日。デカンさんは現代における紋章彫刻の先駆者であり伝道者。彫刻家の一家に生まれ、美術の名門校であるエコール・エティエンヌで学び、2006年にメートル・ダールの称号を獲得。近年は「シリンダー彫刻」に魅せられ、その技法研究や制作に精力的に取り組んでいる。

シリンダー彫刻とは、その名のとおり、円筒状の素材に絵柄などを彫り込んだもの。メソポタミア文明で生まれた「円筒印章」、いわば古代のハンコがその起源。デカンさんは、それを現代風にアレンジ。金属のシリンダーに柄を彫り、磁器の上で転がして模様をつけることで、非常に繊細な芸術品に仕上げている。デカンさんいわく、「素材が石や粘土から金属や磁器にかわっても、メソポタミアの彫金技術は今も活かされ、円筒印章は生き続けています」。一見すると紙のような薄い磁器へ刻印された模様は美しいのひとことに尽きる。

あわせて読みたい

  • 超繊細な絵を描き続けるボールペンアート佐藤明日香の、ストイックな生活

    超繊細な絵を描き続けるボールペンアート佐藤明日香の、ストイックな生活

  • 気が遠くなるほど超細密な“塩アート”の世界

    気が遠くなるほど超細密な“塩アート”の世界

  • 廃業後の工場が人をつなぐカフェに変身! 「工場まるごとプロジェクト」に行ってみた

    廃業後の工場が人をつなぐカフェに変身! 「工場まるごとプロジェクト」に行ってみた

  • フランスと三重県津市、どちらのルーブルに行くべきか

    フランスと三重県津市、どちらのルーブルに行くべきか

  • コネタの記事をもっと見る 2013年4月17日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    おもしろの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース