review

「少女革命ウテナ」も「輪るピングドラム」も寺山修司から J・A・シーザー×幾原邦彦トークショーレポ

「少女革命ウテナ」も「輪るピングドラム」も寺山修司から  J・A・シーザー×幾原邦彦トークショーレポ
「寺山修司◎映像詩展」4/13~4/19渋谷シネクイントで開催中。寺山修司の映像作品28本を一挙上映。最終日である4/19の上映作品は11:00~『さらば箱舟』13:30~『書を捨てよ町へ出よう』16:30~『田園に死す』19:00~『実験映画集1(『疱瘡譚』『ローラ』など)』。
「マジで!? まだわからないんですか? 俺、シーザーさんはわかってくれると思ってた…」

今日の幾原邦彦はいつもと違う。映画館いっぱいの観客にはほとんど目もくれず、J・A・シーザーを真剣な瞳でじっと見つめながら、うんうんと頷いている。「アニメーション監督」というよりも、「大ファン」だ!

一週間で寺山修司の映像作品28本を一挙上映する「寺山修司◎映像詩展」が、4/13~4/19まで渋谷シネクイントで行われている。寺山修司の没後三十年・パルコ劇場開場四十周年に合わせた企画だ。一日の上映終了後にはトークイベントが行われており、4/18のゲストはJ・A・シーザー幾原邦彦だった。
J・A・シーザーは、寺山の劇団「天井桟敷」のメンバーで、寺山作品の音楽を担当していた人物(※ちなみに純日本人)。寺山の没後は「演劇実験室◎万有引力」主宰となり、現在も多く公演を行っている。幾原邦彦は、『少女革命ウテナ』『輪るピングドラム』の監督。学生時代に寺山作品と出会い、大きな影響を受けたと公言している。
「寺山修司」というワードでつながっていた二人を、しっかりと結びつけたのは『ウテナ』。寺山作品のファンだった幾原は、周囲の反対の声もある中で『ウテナ』にシーザーの楽曲を使用。当初は既存の曲を使う形だったが、後半は書き下ろしで曲の提供を受ける形に。

幾原が、寺山作品と自分との関わりについて語る。
「この映画(『田園に死す』)は、見た年齢が大事。ある程度の年齢になって見るとスレちゃってて、『あー、こういう映画もあるよね』とか思っちゃう。だけど、けっこう若いころに見るとバーン!と来ちゃう。自分の歴史と現在の社会の話が巧みに織り交ぜられてる、つくりものの世界じゃないですか。こういう物語を作っていいんだ、こういうのが映画としてあるんだ、っていうのを若いころに知るっていうのは、ものすごくいいこと。僕もこういう映画を見たから、今の自分があるなと思える」

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2013年4月19日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。