bit

リアルな“生き物の美しさ”を表現する、蝋人形師の仕事術

リアルな“生き物の美しさ”を表現する、蝋人形師の仕事術
キューバ革命の英雄、チェ・ゲバラ。細かな皺やうぶ毛などもリアルに再現している。
テレビ東京でオンエアされ、現在もBSジャパンで日曜夜23:30〜オンエア中のドラマ『まほろ駅前番外地』(DVD BOX&Blu-ray BOXは5月24日発売予定)。
瑛太と松田龍平扮する便利屋が奇妙な依頼に出くわしていくストーリーの中に、「秘密の蝋人形、引き取ります」という回がある。

この回にはある金持ちの老人が亡くなった愛人に似せて作らせたという蝋人形が登場するが、グラマラスな身体のラインやツヤやかな唇、悩ましげな表情など、まるで動き出しそうに生々しく、美しい。実はこの人形はドラマのために作られた小道具ではなく、ある蝋人形師の兄弟が40年ほど前に手掛けた作品だ。ドラマの中で唐十郎が演じた蝋人形師のモデルにもなっている作者のひとり、松崎覚さんを訪ねて、リアルな蝋人形が生まれる背景について聞いた。

ヒッピーが多かった60年代に、働かない生き方に憧れてアフリカや南米、中東などを放浪していたという松崎さんは、日本で彫刻家として活動していた兄の二郎さんに個展の手伝いを頼まれて帰国。2人で作品制作をしていたが、あるときに某企業のオーナーから「京美人や博多美人など、日本の美女の像をシリーズで作ってほしい」と依頼があった。各地の女性の微細な肌の質感の違いを表すため、ブロンズなどさまざまな素材を検討したが、一番適した素材としてたどりついたのが蝋だったという。

「栗みたいな木の実や椿の葉っぱ、カブトムシだとか、ツヤツヤしているでしょ? この生き物や植物のツヤが出せる成分を抽出したものが蝋なわけ。蝋は生き物の美しさを再現するのに適した素材なんだ。作品でも、その人物の肌の質感に合わせて昆虫蝋や木蝋など配合を変えて作っているよ。日本人なら蜜蝋、欧米人なら石油素材の蝋を使うことが多いね」

あわせて読みたい

  • 写真そっくりの人形を作ってくれる工房

    写真そっくりの人形を作ってくれる工房

  • 職人技がじわり。ものづくりの本質を見つめる「典型プロジェクト」

    職人技がじわり。ものづくりの本質を見つめる「典型プロジェクト」

  • 話題の腕時計職人は、完成形の予測がつかないらしい

    話題の腕時計職人は、完成形の予測がつかないらしい

  • コネタの記事をもっと見る 2013年5月22日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。